2020年日本は深刻な人手不足。新型コロナウイルスの影響で情勢は変わりつつあるが、少子化の影響もあり、日本人人材の確保は安泰とは言えない。そんな中大手エージェントなどで求人広告を出しているけれど「応募がない」という企業も少なくありません。このように募集をかけていても、思うような採用ができない状況について、原因を探りながら、「求人募集を成功させるポイント」を紹介します。

  1. 求人をかけても応募がない原因
  2. 自社に合った求人媒体を使っていない
  3. 仕事に関する情報が少ない
  4. 他社と比較して募集条件が劣っている
  5. グラスプ特有の募集方法で上記の問題を即座に解決!
  6. 課題
  7. アンサー
  8. まとめ

求人をかけても応募がない原因

馬鹿にならないコストをかけて求人募集をしているにもかかわらず、
なかなか応募が集まらないという状況に直面さらたこともあるかと思います。
ここでは応募が集まらない主な3つの原因を取り上げます。

自社に合った求人媒体を使っていない

自社に合った求人媒体を使っていないことです。現在、多数の求人媒体が存在しており、インターネットはもちろんSNSを使った手法もあります。

大手の求人媒体や、露出度の高い求人媒体を使っているからと言って、必ずしも応募が来るわけではありません。重要なのは、人材を募集している会社と、求人を探している利用者のニーズが合致しているかどうかです。

自社の業種や職種に興味を持ちそうな利用者が使っている媒体でなければ、意味がありません。ユーザー層が自社に適しているか確認してみましょう。

仕事に関する情報が少ない

情報量の少なさです。

求職者にとって、会社探しや仕事選びにおいて仕事内容はとても重要なポイントです。やりたい仕事か、やりがいのある仕事かを確認するためには欠かせない項目と言えるでしょう。そのほか、社風なども自分にマッチしているかどうか、応募前にある程度知りたい求職者は多いです。このような情報を求職者が確かめる方法は、求人媒体に載せられている情報のみです。

求人情報が他社よりも少なく、詳細に書かれていなければ不安要素が大きくなるでしょう。また、情報量が少ないからと言って、文字の分量だけを増やせば良いというわけでもありません。

求職者に訴求できるキャッチコピーや文章表現をしているかが重要です。さらには写真・動画情報も大きく影響します。

③他社と比較して募集条件が劣っている

求職者の多くは、給与や賞与、有給休暇、勤務時間、福利厚生などの募集条件を重要としています。

もちろん仕事内容が最優先されますが、生活や自己実現、キャリアアップのためにはこうした勤務条件も重要です。

求職者は競合他社をはじめ様々な求人と比較して、より魅力的な募集条件を掲載している求人に応募をします。特に、業界において平均的な募集条件よりも劣っている場合、求職者の目に留まりにくくなるでしょう。

グラスプ特有の募集方法で
上記の問題を即座に解決!

ここまで、求人募集をしても応募が集まらない原因を取り上げました。
次にお話しするのは上記の事象に関しての対策法です。
それはグラスプをご利用いただくことです。

課題

  1. 自社に合った求人媒体を使っていない
  2. 仕事に関する情報が少ない
  3. 他社と比較して募集条件が劣っている

アンサー

  1. グラスプでは御社の求人の為だけに、登録ユーザ全員にアプローチをかけます。その為、ユーザの御社求人に対するプライオリティ(優先度)が上がり、募集率をあげます。また、アプローチはWEB+対話でおこなうため、
    御社の求人をグラスプの営業担当者がPR活動をおこなうよな、イメージです。アプローチ相手は、御社の求人に少しでも興味をもつユーザにおこなうため、確度も上がります。※この活動はすべての企業様を対象に、追加費用など一切かかりません。
  2. 仕事情報や、写真などに関してはヒアリングをさせていただき、当方で作りこみます。写真はご要望いただければ、弊社が無料で撮影いたします。
  3. 最後は募集条件について、ここはエリアの特性を把握して給与設定していただければ、過度な誇張は不要です。また、他社と競る条件の場合には、弊社のエージェントが求職者に強くアプローチをかけます。

まとめ

人手不足が深刻化する中で、求人募集をしても応募が集まらない原因、応募が集まらない状況から脱するポイントをご紹介しました。

今まで、大小さまざまな求人サイト・エージェントを利用されてきた企業様。

完全成果報酬型のグラスプに切り替えてみてはいかがでしょうか。

実際に採用するまで、費用はかからないため、リスク0で始められます。

しかし採用に成功したとしても、すぐに従業員が辞めてしまうような環境では意味がありません。人手不足になっている職場の環境を根本的に改善していくことも重要です。